ママの働き方|フルタイム、パート、在宅フリーランスの特徴…実体験をもとに紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

結婚・妊娠・出産・育児…ライフイベントに伴って、働き方を考える女性は多いです。

子どもが小さいうちは働きたくないな

自分のキャリアは諦めたくない!
でも育児と両立できるかな?

私もたくさん悩みながら、ライフスタイルに合わせて、

フルタイム→パート→フルタイム→専業主婦→在宅ワークと働き方を変えてきました。

雇用形態を変えるって勇気がいるんですよね。

でも、ライフスタイルに合わせて働き方を変えてみたい!

そんなママのために今回は、「ママの働き方」にスポットを当て、それぞれの働き方の特徴やメリット・デメリットなどをご紹介します。

こんな人にオススメ
  • 子育てしながらの働き方に悩んでいるママ
  • フルタイム・パート・在宅フリーランスの働き方について知りたい
  • 今は子育てに専念しているけど、働いてみたいママ

\ 自分のやりたいことってなんだろう? /

自分を見つめなおしたいママはコーチングを受けてみるのがおすすめ!

そもそもコーチングとは?自分に合ってるものなの?と気になった方は、まずはLINEから無料相談◎

目次

ママの働き方も多様化している

少し前までは「夫が働きに出て、妻は家庭を守る」のような考えが主流でしたよね。

私自身の両親や、義両親(60代)はまさに「結婚したら女性は家に入る」というスタイルでした。

現在はというと、結婚してもママになっても仕事をしている人が多くなりました。

しかし、「男性のようにバリバリ働くのは難しい」と考えるママが多いのも現状。

フルタイムで働くママももちろんいますが、パートやフリーランスなど様々な働き方のママがいます。

では、それぞれの働き方の特徴を見ていきましょう。

ママの働き方(雇用形態など)

正社員・フルタイムで働くママ

フルタイムで働くことでまずあげられるメリットは、パートに比べて収入が高い。ということです。

経済的に安定するので、お金の心配は軽くなります。

また、キャリアアップもしやすいのでさらに収入のアップも期待できます。

他にも、正社員であることから福利厚生がしっかりしていたり、有休がしっかりもらえるなどメリットはたくさんあります。

一方で拘束時間が長いことから家族の時間が取りづらい、身体的負担が大きいというデメリットも挙げられますね。

また、朝は早く、帰宅時間は遅いので時間に追われていると感じることも。

マイペースな子供についつい怒ってしまうことなど、精神的にストレスを感じやすい状況ではあります。

他にも、責任ある仕事を任されることがあるので、子どもの急病やケガの時など欠勤や早退が難しい場合もある。

といった子育て中のママには厳しいかな、と感じる面もあります。

しかし、今は子育てママに優しい会社もありますし、上司や同僚の理解、家族の協力が得られる環境であれば、ママでもフルタイムでバリバリ働くことが可能です。

パートタイムで働くママ

パートの場合は働く日数や時間がフルタイムに比べて少ないので、その分家事育児に取れる時間が多くなります。

また、急な保育園からの呼び出しにも対応しやすい環境であることが多いです。

そのため家事・育児と仕事の両立がしやすいことが特徴と言えるでしょう。

また、フルタイムの正社員に比べ責任の重い仕事は任されづらいので、精神的にも身体的にも少し負担は軽く感じます。

心身ともに余裕ができると、家族にも優しくなれそうです。

一方で、パートで働くママは勤務時間が短い分、収入は少なくなります。

他にもキャリアアップは難しいなど、ママがパートで働くデメリットもあるのです。

収入アップやキャリアアップを目指したいママは、子どもの成長とともにパート⇒フルタイムと働き方を変えるのも良いと思います。

在宅ワークで働くママ

自宅で働く、いわゆる在宅ワークという方法もあります。

基本的には自分で仕事の量を調整できるので、扶養の範囲内で働く方法もあれば、バリバリ稼いでフリーランス/個人事業主として働く方法もあります。

職種も、Webライターや、Webデザイン、動画編集、SNS運用代行、オンライン秘書など様々です。

フリーランスの場合は自分で仕事を獲得しなければなりませんが、頑張り次第で収入はアップさせることが出来ます。

正社員時代より稼げている、というママも。

自分の好きな場所・時間で働くことが可能なので、保育園からの呼び出し対応や、行事の参加などはしやすい、というところも嬉しいポイントです。

しかし、個人事業主となるため、保険や税金関係の手続きは自分でやらなければいけません。

専門知識がない方が多いと思いますが、そういう方は自分で勉強していかなくてはならないのが大変ですね。

また、自分で仕事を獲得していかなくてはならないので、はじめは特に収入が安定しづらい場合がある所はデメリットと言えるでしょう。

また、住宅ローンの審査なども正社員に比べると通りづらい傾向にあります。

ママの働き方は様々。自分に合った働き方をみつけよう

今回ご紹介した働き方はほんの一部です。

また、メリットやデメリットも人によって感じ方は違うでしょう。

自分が一番重要視したい部分を見つけて、働き方を考えていくことが大切です。

家族との時間を大事にしたい

そんなママはパート勤務や在宅ワークがおすすめです。

専業主婦、という選択ももちろんアリです。

とにかく経済的に安定したい

というママは正社員やフリーランスでバリバリ働くのがおすすめ。

自分が大事にしたいものをよく考えてみてくださいね。

そして、どんな働き方をするにしても、家族の理解と協力は必要です。

家族としっかり相談をして、自分の働き方を考えていきましょう。

\ 自分のやりたいことってなんだろう? /

自分を見つめなおしたいママはコーチングを受けてみるのがおすすめ!

そもそもコーチングとは?自分に合ってるものなの?と気になった方は、まずはLINEから無料相談◎


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次