スリーパーとスワドルの違いとは?選び方のポイントや、顔にかかるリスクも解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
スリーパーとスワドルの違いとは?選び方のポイントや、顔にかかるリスクも解説
  • URLをコピーしました!

赤ちゃんの睡眠環境を整えるためのアイテムとして、スリーパーとスワドルがあります。

  • スリーパーとスワドルの違いがわからない
  • どっちを選べばいいの?

しかし、どちらを選べば良いのか、またそれぞれの違いが分からないという方も多いでしょう。

スリーパーは布団の代わりに着せる長めのベストのようなもの、スワドルは赤ちゃんを包み込む布のことです。

どちらも赤ちゃんが眠るときに使うものですが、それぞれ違った特徴があります。

この記事では、スリーパーとスワドルの違いについて詳しく解説し、赤ちゃんに最適なアイテムを選ぶためのポイントをご紹介します。

【みんなどれ買ってるの?】人気アイテムをチェック!

>>>おくるみ(スワドル)の最新人気ランキングはこちら|楽天市場

>>>スリーパーの最新人気ランキングはこちら|楽天市場

目次

スリーパーとは?


スリーパーは、赤ちゃんの寝具の一種です。

パジャマの上に着せ、布団の代わりとして使われるアイテムです。

通常、袖なしのデザインが多く、長めのベストのような形をしています。

スリーパーの主な特徴と利点は以下の通りです。

スリーパーが袖なしの理由

スリーパーが袖なしである理由は、赤ちゃんが自由に動けるようにするためです。

袖があると、赤ちゃんの動きを制限してしまうことがあり、寝返りを打つ際や手足を動かす際に不便になることがあります。

また、袖がないことで体温調節がしやすくなり、赤ちゃんが快適に過ごせるようになります。

何ヶ月から使えるの?

スリーパーは、新生児から使用できますが、特に寝返りを始める生後4〜6ヶ月頃からがおすすめです。

この時期になると、赤ちゃんが布団を蹴飛ばしてしまうことが多くなり、スリーパーを使うことで寝冷えを防ぐことができます。

 顔にかかるリスクの回避

スリーパーは、赤ちゃんの顔に布がかかるリスクを最小限に抑えるデザインです。

通常の布団や毛布だと、赤ちゃんが動いた際に顔にかかってしまう可能性がありますが、スリーパーなら基本的にその心配がありません。

これにより、窒息のリスクを軽減し、安全に眠ることができます。

もしも赤ちゃんの顔にかかってしまう時は、サイズが合っていない可能性があるので、注意しましょう。

>>>【最新】スリーパーの最新人気ランキングはこちら|楽天市場

スワドルとは?


スワドルは、赤ちゃんを包むための布で、新生児期に使われることが多いアイテムです。

また、日本では足先まですっぽり覆う寝袋のようなタイプのものを【スワドル】と呼び、一枚の布タイプのものを【おくるみ】と呼ぶことが多いです。

スワドルの主な特徴と利点は以下の通りです。

包み込むデザイン

スワドルは、赤ちゃんを包み込むように巻くことで、まるで母親のお腹の中にいるような安心感を与えます。

これにより、赤ちゃんは落ち着いて眠ることができ、夜泣きや驚き反射(モロー反射)を減らす効果があります。

すっぽりと包まれる姿は、低月齢の赤ちゃんならでは。

赤ちゃんの安心感はもちろん、パパママの心も癒してくれますよ。

\ おしゃれでかわいいガーゼおくるみをチェック! /

¥5,940 (2024/06/19 00:25時点 | 楽天市場調べ)
\プライムデー先行セール中/
Amazon
\超PayPay祭/
Yahooショッピング

何ヶ月から使うべきか

スワドルは主に新生児期(生後0〜3ヶ月)に使用されます。

この時期は、赤ちゃんが外の環境に慣れていないため、スワドルで包むことで安心感を与え、良質な睡眠を促進します。

しかし、生後3〜4ヶ月を過ぎてからは、赤ちゃんが自分で動けるようになるため、スワドルからスリーパーへの移行が推奨されます。

顔にかかるリスクと注意点

スワドルを使用する際には、赤ちゃんの顔に布がかからないように注意することが重要です。

スワドルを正しく巻かないと、布がずれて顔にかかってしまうリスクがあります。

正しい方法でスワドルを使用し、赤ちゃんの顔や首回りに余裕を持たせることが大切です。

>>>おくるみ(スワドル)の最新人気ランキングはこちら|楽天市場

スリーパーとスワドルの比較


では、スリーパーとスワドルの違いを比べていきましょう。

使用期間

スリーパー

新生児から使えるが、特に寝返りを始める生後4〜6ヶ月以降が最適。

スワドル

主に新生児期(生後0〜3ヶ月)に使用。

デザインと使い方

スリーパー

長めのベストのようなデザイン。袖なしで自由な動きをサポート。

スワドル

赤ちゃんを包み込むための布で、赤ちゃんをしっかりと包むことで安心感を提供。

安全性

スリーパー

顔に布がかかるリスクが低く、安全に眠ることができる。

スワドル

正しい巻き方が重要で、顔に布がかからないように注意が必要。

スリーパーやスワドルを選ぶ時のポイント

次にスリーパーやスワドルを選ぶ時のポイントを解説します。

季節と温度

赤ちゃんの快適さを考慮するために、季節や部屋の温度に合った素材を選びましょう。

夏は通気性の良い軽量な素材、ガーゼ生地なんかがオススメです。

冬は保温性の高い暖かい素材が適しています。

サイズと成長

赤ちゃんの成長に合わせて、適切なサイズのスリーパーやスワドルを選ぶことが大切です。

サイズが合わないと、快適に眠ることができないだけでなく、安全性にも影響します。

デザインと機能性

デザインも重要なポイントです。

スリーパーの場合、ジッパーやスナップボタンの配置が使いやすいかどうかを確認しましょう。

スワドルの場合、簡単に巻けるデザインや、赤ちゃんが快適に過ごせる機能性を重視しましょう。

出産祝いとしての選び方

出産祝いとしてスリーパーやスワドルを贈る場合、デザインや素材にこだわったアイテムを選ぶと良いでしょう。

おしゃれで可愛らしいデザインのスリーパーや、オーガニックコットンを使用したスワドルは、喜ばれること間違いなしです。

なかなか自分では買えないような、おしゃれなブランドのスリーパーを贈るのも素敵ですね。

¥5,720 (2024/06/19 00:27時点 | 楽天市場調べ)
\プライムデー先行セール中/
Amazon
\超PayPay祭/
Yahooショッピング

スリーパーとスワドルの違いまとめ

スリーパーとスワドルは、それぞれ異なる特徴と利点を持つ赤ちゃん用のアイテムです。

  • スリーパーは主に生後4〜6ヶ月以降に使用し、赤ちゃんが自由に動けるデザインと安全性を提供します。
  • スワドルは新生児期に使用し、赤ちゃんを包み込むことで安心感を与え、良質な睡眠を促します。

どちらのアイテムを選ぶにしても、赤ちゃんの成長や季節、使い勝手を考慮して最適なものを選ぶことが大切です。

スリーパーとスワドルの違いを理解し、赤ちゃんの快適な睡眠環境を整えてあげましょう。

出産祝いとしても、それぞれの特徴を活かしたアイテムを選ぶことで、贈られた家族に喜んでもらえることでしょう。

【みんなどれ買ってるの?】人気アイテムをチェック!

>>>おくるみ(スワドル)の最新人気ランキングはこちら|楽天市場

>>>スリーパーの最新人気ランキングはこちら|楽天市場

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次