搾乳機の消毒が面倒くさい?簡単な方法と消毒いつまで?について徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
搾乳機の消毒が面倒くさい?簡単な方法と消毒いつまで?について徹底解説
  • URLをコピーしました!

搾乳機の消毒は大変なものです。

パーツが多いものや細かいものは洗うのが大変だし、毎回消毒するのも意外と手間ですよね。

でも、赤ちゃんのために清潔にしなくては、と日々頑張っているママパパが多いはず。

  • 搾乳機の消毒は毎回必要なのか
  • どうやって効率的に行うの?
  • また消毒をいつまで続けるべき?

結論から言うと、小さい赤ちゃんは免疫力が弱いため、搾乳機の消毒は毎回行いましょう。

なるべく簡単に消毒する方法は、こちら。

  • 電子レンジ用スチームバッグを使う
  • 消毒用液を使う
  • 煮沸消毒をする
  • 消毒専用機器を使う

今回は、搾乳機を消毒する方法やいつまで消毒が必要なのかについて詳しく解説していきます。

特に、簡単な消毒方法や人気ブランド「ピジョン」の搾乳機を使った消毒方法についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

>>>【売れてるのはコレ!】最新の消毒用品ランキングを見てみる!|楽天市場

目次

搾乳機の消毒は毎回必要?


まず最初に、搾乳機の消毒が毎回必要かどうかについてお話しします。

新生児や小さい赤ちゃんの免疫はまだ未熟なため、搾乳機を使うたびに消毒することが推奨されています。

特に、生後3ヶ月までの赤ちゃんには注意が必要です。

この時期は、赤ちゃんが母乳やミルクを介して感染症にかかるリスクが高いため、搾乳機の徹底的な消毒が欠かせません。

簡単な消毒方法

毎回の消毒が面倒だと感じる方も多いでしょう。ここでは、簡単かつ効果的な消毒方法をいくつかご紹介します。

電子レンジ用スチームバッグを使う

「搾乳機 消毒 レンジ」というキーワードでも検索されるように、電子レンジを使ったスチーム消毒は非常に便利です。

ピジョンなどのメーカーから専用のスチームバッグが販売されており、以下の手順で簡単に消毒ができます。

  • 搾乳機のパーツを分解し、しっかりと洗浄します。
  • スチームバッグに搾乳機のパーツを入れます。
  • 規定量の水をバッグに入れます(通常100ml程度)。
  • 電子レンジで数分加熱します(製品により異なりますが、一般的には3分から5分)。

この方法は短時間で消毒が完了し、手間がかからないため、多忙な育児中の方にとって非常に便利です。

スチームバッグは再利用できるため、コストパフォーマンスも良好です。

¥1,650 (2024/07/01 22:44時点 | 楽天市場調べ)
\プライムデー先行セール中/
Amazon
\超PayPay祭/
Yahooショッピング

消毒用液を使う

消毒用液(ミルトンなど)を使う方法も簡単です。

以下の手順で行います。

  • 搾乳機のパーツを分解し、洗浄します。
  • 規定量の水をボウルや専用容器に入れ、消毒用液を希釈します(ミルトンの場合、1リットルの水に対して1錠)。
  • 搾乳機のパーツを液に浸け、約30分から1時間待ちます。

この方法は、電子レンジが使えない場合や、他の家事をしている間に消毒を済ませたい場合に適しています。

ミルトンのような消毒用液は赤ちゃんの口に入っても安全な成分で作られているため、安心して使用できます。

¥968 (2024/07/01 22:47時点 | 楽天市場調べ)
\プライムデー先行セール中/
Amazon
\超PayPay祭/
Yahooショッピング

煮沸消毒

煮沸消毒は最も古典的な方法ですが、手間がかかります。

以下の手順で行います。

  • 大きな鍋に水を入れて沸騰させます。
  • 搾乳機のパーツを洗浄し、沸騰したお湯に入れます。
  • 5分から10分間煮ます。
  • トングなどで取り出し、清潔なタオルの上に置いて乾かします。

この方法は特に信頼性が高いですが、準備や後片付けに時間がかかります

また、パーツを取り出す際には火傷に注意が必要です。

消毒専用機器を使う

最近では、電子レンジ用スチームバッグや消毒用液だけでなく、専用の消毒機器も販売されています。

ボタン一つで簡単に消毒が完了するため、非常に便利です。

ただし、価格が高めなのが難点です。

長期的に使う予定がある場合は、購入を検討しても良いでしょう。

¥22,800 (2024/07/01 23:31時点 | 楽天市場調べ)
\プライムデー先行セール中/
Amazon
\超PayPay祭/
Yahooショッピング

>>>【売れてるのはコレ!】最新の消毒用品ランキングを見てみる!|楽天市場

消毒はいつまで必要?

「搾乳機の消毒はいつまで?」と気になる方もいるかと思います。

一般的に、赤ちゃんが6ヶ月を過ぎ、離乳食が始まる頃には、消毒の頻度を減らしても問題ないとされています。

ただし、個々の赤ちゃんの健康状態や環境により、消毒の必要性は変わるため、小児科医に相談することをおすすめします。

搾乳機の消毒がめんどくさい まとめ

搾乳機の消毒は面倒ですが、赤ちゃんの健康を守るためには欠かせない作業です。

電子レンジ用スチームバッグや消毒用液、さらには専用の消毒機器を使えば、簡単に消毒を行うことができます。

また、消毒が必要な期間については、赤ちゃんの成長や健康状態に応じて判断することが大切です。

育児は大変ですが、便利なアイテムや方法を活用して、少しでも負担を軽減していきましょう。

皆さんも、自分に合った方法を見つけて、快適な育児ライフを送ってくださいね!

>>>【売れてるのはコレ!】最新の消毒用品ランキングを見てみる!|楽天市場

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次