Webライターは未経験の主婦でもできる?未経験からWebライターになる流れ

当ページのリンクには広告が含まれています。
Webライターは未経験の主婦でもできる?未経験からWebライターになる流れ
  • URLをコピーしました!

妊娠・出産・育児がきっかけで働き方に悩む女性は多いです。

子どもが小さいうちは専業主婦で家にいてあげたい。
でも収入がないのも不安。

普通に生活するだけでもお金がかかるのに、更に物価高騰や電気代の値上げ…。

子供の成長をそばで見守りたいな、と思う反面金銭面が不安。

今は専業主婦だけど、家で出来る仕事で少しでも収入が得られればなあと、在宅ワークを考える主婦は多いのではないでしょうか。

在宅ワークを調べているとWebライターという言葉が。

文章を書くのは好きだし、Webライターやってみようかな。そう思った時、こんな悩みが出てきませんか?

未経験だし、パソコンも詳しくない。
私でもWebライターできるかな?

「在宅ワーク=PCスキルがないと無理」というイメージをしがちですが、大丈夫です。

未経験でも、パソコンの基本操作がOKならWebライターはできます!

実際私も未経験から在宅ワーク(Webライター)をはじめ、現在収入を得ることができています。

今回は未経験でパソコンに詳しくない主婦が、在宅でWebライターの仕事を始め、毎月収入を得られるようになったプロセスをご紹介します。

目次

未経験でPCスキルがほぼゼロでもWebライターになれるの?

そもそもWebライターとは?

Webライターとは文字通りWeb上で文字を書く仕事をする人です。

ノウハウ記事や、企業のHPに掲載するコラム、通販サイトの説明文、インタビュー記事など、様々な文書を作成します。

最初は基本的な操作方法がわかれば大丈夫

全くパソコンが使えない、という方は正直難しいかもしれません。

しかし、基本的なことが出来ればWebライターの仕事をはじめることは可能です。

実際私もWebライターを始めるまでは

  • ネット検索
  • Wordで文章を書く

くらいしかできませんでした。

Webライターを始め、案件(仕事)をこなしていくうちに、

  • Googleドキュメントやスプレッドシート
  • チャットツール(Chatwork)
  • コミュニケーションツール(Discord)
  • Web会議ツール(Zoom)
  • WordPress
  • 画像作成ツール(Canva)

など様々なツールが使えるようになりました。

では、実際どんな流れでWebライターの仕事を始めるのでしょうか。

未経験からWebライターをはじめる流れ

Webライターの仕事をもらうためには、クラウドソーシングサイトで仕事を探す・直接営業するなどの方法があります。

直接営業の方が単価が高いことが多く、高収入を得られやすいのですが、実績がないとなかなか採用されない場合があります。

一方でクラウドソーシングサイトは未経験でもOKの案件も多くありますが、低単価な案件も多くあるのです。

まず、クラウドソーシングサイトで実績作り⇒直接営業に移行というパターンで仕事をしているライターが多いです。

今回は私の実体験をもとに、在宅ワーク未経験の主婦が、クラウドソーシングサイトを通じてWebライターになった大まかなプロセスをご紹介します。

大体でいいから流れを知りたい!という方にオススメです。

作業環境を整える

Webライターになるために整えておきたい作業環境としては以下の通りです。

  • パソコン
  • インターネット環境

はじめは、パソコンは高スペックなものではなくても問題ありません。

スマホでの執筆も出来ないことはないですが、パソコンに比べると作業効率がイマイチだったり、スマホ作業NGな案件もあるのでパソコンの使用をお勧めします。

Web上で行う仕事なのでWi-Fiなどのインターネット環境は整えておきましょう。

クラウドソーシングサイトに登録

クラウドソーシングサイトとは、受注者:仕事を探している人発注者:仕事を頼みたい人(クライアント)を繋いでくれるサイトです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

などが有名です。

他にもライター特化のクラウドソーシングサイトもあるのでチェックしてみてください。

登録は簡単で、未経験OKの仕事もあるので「未経験からWebライターを始めたい」という方はオススメです。

プロフィールを設定

クラウドソーシングサイトに登録したら、まずはプロフィールなどの設定を行います。

プロフィール写真(アイコン)やプロフィールがしっかりとしている方が、未経験でも採用されやすいです。

少し面倒だな…と思っても、自分をアピールして受注率を上げるためにも設定しておきましょう。

案件に応募

プロフィール設定が終わったら、案件を検索して応募してみましょう。

アンケートや口コミなどのタスク案件から、ブログ記事やコラム記事などの作成などプロジェクト案件など幅広く掲載されています。

ジャンルも不動産や美容・育児など様々。

文字数や単価、納期など条件を確認しながら、自分が出来そうなジャンルの案件に応募してみます。

応募の際には「提案文」が必要です。

クライアントが知りたい情報を適切に見極めて、しっかり自己PRしましょう。

テストライティングを受ける

応募(提案文)が選考通過したら、テストライティングを受けます。

クライアントによってはないこともあります。

またポートフォリオの提出によってテストライティングは省略されることも。

本採用後、執筆

テストライティングに合格したら、次はいよいよ記事の執筆です。

  1. キーワードと構成案をクライアントから貰う
  2. リサーチ
  3. 執筆

記事の構成から自分で考える案件もあります。

最初は構成案がある方が、スムーズに執筆できます。

事前にしっかりと案件の詳細を確認してくださいね。

クライアントから渡されたマニュアルはしっかりと読み、それに沿って執筆しましょう。

納品、検収

記事が出来上がったらクライアントに納品します。

テキストファイルをメッセージに添付したり、GoogleドキュメントやスプレッドシートのURLを共有するなどの方法をとることが多いです。

クライアントから修正の依頼があれば対応し、修正が終わった時点で納品完了となります。

あとはそれぞれのクラウドソーシングサイトの規定にのっとり、報酬を貰います。

未経験からWebライターになるのは難しくない

以上がWebライターの仕事を獲得するまでの大まかな流れです。

家事・育児で忙しい主婦も、

  • クライアントとのやり取りやリサーチを隙間時間に行う
  • こどもが幼稚園に行っている間や寝ている間に執筆

など、時間を上手に使えば十分在宅Webライターとして働くことは可能です。

自分の求める収入と使える時間などを考慮して、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次